逮捕されたときはどうするか

家族が逮捕された!もうすぐ逮捕されそうだ!
という場合,どうしたらよいでしょうか。

それはできるだけ早く弁護士に相談することです。
今回は逮捕された場合の弁護士とのアクセスについて紹介します。

逮捕されたときの流れ

警察に逮捕された場合,逮捕された方は,被疑者と呼ばれます。

逮捕されてから検察官に送られるまで

警察は,逮捕してから48時間以内に,被疑者を釈放するか,検察官に送るかを決めなければなりません。
ニュースで送検したというのは,これを指します。

検察官に送られてから裁判所に勾留請求されるまで

逮捕された被疑者を送られた検察官は,24時間以内に,被疑者を釈放するか,裁判所に勾留請求をしなければなりません。
勾留請求とは,外に返さずに取り調べしたいので,中に入れておいてくれということです。

裁判所に勾留された場合

裁判所が勾留を認めると,被疑者は,勾留された日から数えて最大20日間(例外的な事件を除く),警察署の留置場にいることになります。

弁護士とのアクセス

では,逮捕や勾留をされた場合,どうやって弁護士にアクセスできるでしょうか。

逮捕されてから検察官に送られるまで

最大48時間しかありませんので,スピードとの勝負になります。
早めに弁護士とアクセスできれば,早期釈放に向けた活動にそれだけ早く着手できることになります。知り合いの弁護士がいる場合,なるべく早く相談しましょう。

知り合いがいない場合はどうしたらよいでしょうか。
その場合は,各地の当番弁護士が面会に来てくれるはずです。その日の1回限りですが,弁護士が無料でアドバイスをします。

検察官に送られてから裁判所に勾留請求されるまで

勾留された場合,最大20日間は外に出られない可能性があることから,
検察官に対して,勾留請求しないように要請する活動
裁判所に対して,勾留請求を認めないように要請する活動
被害者がいる場合は示談交渉をする活動
が重要になります。

この活動を弁護士に依頼するには,弁護士を雇うしかありません。
自ら雇う刑事弁護人を,私選弁護人といいます。

裁判所に勾留された場合

ここまで行くと,国選弁護人がつきます。

私選と国選

私選弁護人と国選弁護人の違いは何でしょうか。

つく時期

国選弁護人は,勾留されたときに選任されます。弁護活動もそれからになります。
勾留請求をされないようにする活動は,時期的に無理なのです。

私選弁護人は,逮捕後,依頼を受けてすぐに活動を開始することができます。

誰がつくか

国選弁護人は,その日に待機している弁護士が選ばれますので,被疑者側が弁護士を選ぶことはできません。

私選弁護人は,被疑者側が雇いますので,特定の弁護士を選ぶことができます。

費用の違い

私選弁護人を雇う場合,弁護士や事件ごとに異なりますが,
低い水準でも
・着手金20万円以上
・成功報酬金10万円以上
はかかります。

国選弁護人は,私選弁護人に比べてだいぶ安いです。
また,国選弁護費用を国が出してくれる場合もあります。

ぶっちゃけ私選と国選どっちがいいの

ぶっちゃけ
私選弁護人の費用は高いです。
事件によって勾留されても仕方がない場合,被害者がいない場合は,特に頼みたい弁護士がいない場合は,
国選一択です。
勾留された後の活動は,私選も国選も,同じ弁護人として変わりません。

でしたら,私選弁護費用として払うなら,被害者への賠償金などに充てた方がいいですよね。

 

最新情報をチェックしよう!

日常生活の法律の最新記事8件