CATEGORY

書籍からの学び

『明治維新の正体』

よく行く本屋さんに積み上げられていた鈴木荘一さんの『明治維新の正体』(毎日ワンズ)を読了しました。 子どものころに学んだ薩長からみた明治維新とは,別の視点を示す示唆に富む内容で,一気に読んでしまいました。 徳川慶喜-幕末最高のステーツマン 徳川慶喜といえば,大政奉還をした人物です。鳥羽伏見の戦いで徹底抗戦を鼓舞したあと,すぐに大阪城を脱出して江戸に帰ってしまった行動のせいか,あまり人気がなく,優柔 […]

『大人の言語スキル大全』から学ぶ

齋藤孝さんの『読む・書く・話すを極める 大人の言語スキル大全』(KADOKAWA)を購入しました。言葉遣いや自分の言語スキルを向上させるヒントを探します。 自分をデザインするやり方を先人に学ぶ 齋藤孝さんは,現代は,「意識的に自分自身をデザインし,ブランド化していく時代」と述べています。たしかに,昔ながらの日本型終身雇用が崩れて久しく,副業がもてはやされ,流れに身を任せているだけでは済みそうもない […]

『人生がうまくいくシンプルなルール』から学ぶ

『スタンフォードの自分を変える教室』で有名な,ケリー・マクゴニガルさんの著作から学びます。全6章,25のレッスンから構成されている本書ですが,3つのレッスンを取り上げたいと思います。 時間管理術について 忙して一向に減らないTo Doリスト,なんとかしたいと思って探した本には朝活を勧めるものも多いですね。ぼくもなんとか頑張って本を読んだりしていたのですが,朝が弱いせいか,長続きしないんです。

『シンプルな人は,うまくいく。』から学ぶ

中谷彰宏さんの著作から学びます。 学びの目的 複雑にこんがらかった毎日をシンプルにしたいと思っています。シンプルという言葉から連想するのは,どんなライフスタイルでしょうか。そこに結びつくヒントを探します。 キーワード この本から学んだポイントを3つ上げていきます。 相手のことまで,考えなくていい。