NO IMAGE

離婚後の生活に直結するお金の問題。離婚する場合のお金の問題にはどのようなものがあるでしょうか。

慰謝料


慰謝料は、精神的にショックを受けた、与えたという場合に問題になります。浮気をした、暴力をふるわれた、精神的に追い詰められたなど、離婚について夫婦どちらかに原因がある場合に、慰謝料が出てきます。どちらにも原因がない、お互いさまである場合には、慰謝料を払うとか、もらうという問題はありませんので、注意が必要です。


慰謝料に相場はあるのでしょうか。
前提として、日本では慰謝料の額はそう高くはなりません。離婚で500万円以上の慰謝料になることはほとんどありません。
相場はあってないようなものですが、強いてあげるとするならば100万円から300万円でしょうか。もちろん100万円に行かない場合もあれば、300万円以上になる場合もあります。
どんな原因であったか、浮気なら、どのくらいの回数であったか、期間はどれくらいかなどによって違ってきます。

財産分与


結婚してから夫婦2人で作ったといえる財産がある場合には、それを分けるという制度です。
預貯金や不動産、保険解約返戻金、退職金などが対象になってきます。
結婚後数年で財産といえるものはない場合、住宅ローンなどの借金もある場合など、財産分与がないケースもあります。
財産分与がある場合には、夫婦どちらの名義であるかにかかわらず、どのような財産があるのかをしっかり把握しておくことが重要です。

年金分割

厚生年金や共済年金について、結婚期間中の保険料納付の実績を分割する制度です。
将来もらえる年金の額を分割するものではありません。結婚期間がそれほど長くない場合、自分の方が納付が多い場合などにはメリットはありませんので、注意が必要です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

日常生活の法律の最新記事8件