NO IMAGE

離婚するには、夫婦で話し合って決める、裁判所の調停手続を利用する、裁判所で離婚の裁判をするといった手続をすることになります。

夫婦で話し合って決める–協議離婚

この方法が基本的なやり方です。夫婦で話し合って離婚することを決め、離婚届を書いて役所に提出すれば、離婚することができます。これが協議離婚です。あくまで統計データですが、離婚の90%以上は協議離婚です。

離婚の手続のうち、圧倒的におすすめの方法です。理由は3つあります。

費用

費用をかけずに離婚することができます。離婚する場合に、弁護士を使うと弁護士費用がかかってきます。その費用を節約し、離婚の条件としてお金を払う場合にその一部に回すことができます。新しい生活のために充てるここともできます。

時間

離婚するという夫婦の気持ちが一致していれば、時間をかけずに離婚することができます。そうでない場合も多いと思いますが。。

プライバシー

プライバシーを守ることができます。弁護士に依頼したり、裁判所の手続を利用する場合は、どうしても離婚の原因やいきさつといった、できれば人に話したくないような内容でも繰り返し説明していくことになります。協議離婚であれば、あくまで夫婦間での話し合いにとどまりますので、赤の他人に話をする必要はありません。

裁判所の調停手続を利用する−調停離婚

協議離婚をすることができない場合には、裁判所に離婚調停を申し込む方法が一般的です。裁判所に間に入ってもらい、離婚やその他の条件について話し合いをする手続です。
離婚調停の申込みは、簡単です。わざわざ弁護士を使う必要もない場合が多いでしょう。弁護士を使わなければ、費用は数千円程度で済みます。調停では、裁判所が夫婦双方の言い分を聞いて、話し合いの落とし所を探ってくれます。離婚調停は、正式には夫婦関係調整の調停といいます。離婚だけでなく、夫婦円満に解決する方向での話し合いを申し込むことも可能です。
調停手続は、裁判所が間に入った話し合いの手続です、といいました
。あくまで話し合いですので、強制力はないのです。離婚やその他の条件でまとまらなければ、裁判離婚に進むことになります。

裁判で離婚する−裁判離婚

ここまできてしまった場合は、弁護士を使った方がいい場合が多いでしょう。訴状などの書類をつくったり、裁判手続を進めていくのには、専門的な知識が必要になってきます。
離婚の裁判でも、話し合いが可能であれば、和解という方法で離婚をすることもできます。それも無理であった場合は、裁判所が判決によって、離婚を認めるか認めないか、といった流れになってきます。

まとめ

簡単に、離婚の手続をみてきました。協議離婚でまとまらずに、調停や裁判まで行くと、時間もかかりますし、精神的な負担も続くことになります。可能であれば、協議離婚に越したことはありません。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

日常生活の法律の最新記事8件