弁護士費用っていくらかかるの

弁護士費用って,いくらかかるものなのでしょうか。

弁護士費用は平成16年に自由化されていて,個々の弁護士が自由に決めているのが現状です。
ただ,自由とは言ってもある程度の目安はありますので,今回はそれをご紹介します。

弁護士費用の目安

1つ参考になる資料が日本弁護士連合会(日弁連)のホームページに掲載されています。
https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/attorneys_fee/data/guide.pdf

これは,日弁連が弁護士にアンケートを募って集計したもので,具体的な事例についてのおおよその弁護士費用の目安を知ることができます。ここでは,離婚事件について見てみましょう。

着手金と報酬金

弁護士費用には着手金報酬金があります。
着手金は,事件を依頼したときに発生する費用です。
報酬金は,成功した場合に,成功の度合いに応じて発生する費用です。

離婚調停と離婚訴訟

また,離婚する場合は,本人同士の話し合いで協議離婚できなければ,
離婚調停を行って裁判所での話し合いを試みて,ダメだったら離婚訴訟になるという
順番があるのが原則です。

離婚事件の着手金の目安

離婚調停の着手金は,20万円とする弁護士,30万円とする弁護士が多いですね。
内容にもよりますが,調停は前に書いたとおり話し合いですので,弁護士を使わなくても大丈夫な場合も多いと思います。法律相談を上手く使ってほしいと思います。

調停不調で訴訟になる段階で,追加で着手金10万円とする弁護士と,無料とする弁護士に別れています。
これは,⑴離婚調停の着手金を20万円とした場合に追加で10万円いただく弁護士と,
最初に30万円いただいた場合には追加は無料とする弁護士に別れているのだと思います。

離婚訴訟から依頼した場合の着手金は,30万円とする弁護士が多いという結果になっています。

以上から,離婚事件を依頼する場合の着手金の目安は30万円と言えると思います。

離婚事件の報酬金の目安

表を見ると,30万円,20万円で別れていますね。
割合からすると,報酬金の目安は30万円となりますね。

ただ,報酬金の場合は注意が必要です。
というのも,何が「成功」か,場合によってはあいまいだからです。

表の事例の場合,
①離婚できた
②親権とれた
③慰謝料200万円とれた
④養育費の約束も取り付けた
という,最高の結果が出ています。

では,
①離婚できたけど②親権とれなかった場合,
①離婚できて②親権も④養育費も取れたけど③慰謝料が取れなかった場合
は報酬金はどうなるのでしょうか。

委任契約書が重要

弁護士に依頼した場合には,必ず委任契約書を取り交わすことになります。


そこの報酬金の部分の記載に注意してください。
ただ単に,「☑報酬金 30万円」などとなっている場合も多いと思います。

離婚事件の場合は,何が「成功」なのか,依頼した弁護士とよく確認をして,どういう場合にいくらの報酬金が発生するのか,明確にしてもらうのがベストです。

ある程度弁護士費用の目安を知っていただけましたか。
今回はこの辺で。またよろしくお願いします。

最新情報をチェックしよう!

日常生活の法律の最新記事8件