『人生がうまくいくシンプルなルール』から学ぶ

『スタンフォードの自分を変える教室』で有名な,ケリー・マクゴニガルさんの著作から学びます。
全6章,25のレッスンから構成されている本書ですが,3つのレッスンを取り上げたいと思います。

時間管理術について

忙して一向に減らないTo Doリスト,なんとかしたいと思って探した本には朝活を勧めるものも多いですね。ぼくもなんとか頑張って本を読んだりしていたのですが,朝が弱いせいか,長続きしないんです。

人間は常に,強い意欲・やる気を持っている。
やる気がないとは,それを満足させる具体的な方法を見つけられないだけなのです。

心理学では当たり前だそうですが,ぜんぜん知りませんでした。そう言われてみれば,そんな気がしてきます。

そんなやる気が出ない状態を避けるにはどうしたらいいでしょうか。
ケリーさんは,やり抜く力を与えてくれる「望み」「欲求」をはっきりさせれば,自発的なモチベーションが生まれてきて,実行力が高まるようです。

ぶっちゃけ
自分にとって何が大事か,自分の「望み」「欲求」をはっきりさせてって,それはそれで難しいんだよね。。。

まとめ

おすすめ度 ★★★☆☆

本書にはこれを考えるヒントにも言及があります。
自分を見つめ直してここを探求していくのが,課題です。

私たち個人個人の「言っていること」と「やっていること」が一致しなかったら,自分で自分の首を絞めることになるのです。「言っていること」をやっている時,人は強くなれます。

ほんとうにそう思います。「すぐやります」とか,「絶対行きます」とか,軽く言ってしまって行動をそれに合わせられないとき,偉そうに語るくせに自分ではできていないとき,自己嫌悪になったりします。それで自分が弱くなって,さらに周りの信用も失っていく,こんな流れは避けたいところです。

ケリーさんは,自分の価値観をはっきりさせ,それを毎日繰り返し確認するようにすれば,それに沿って行動することができると指摘しています。これは実行に移していきたいと思いました。

「目標を現実にする」モチベーションを育む

やる気にムラがある,やる気があったり,ないときもあるのが当たり前だと思っていました。

人間は常に,強い意欲・やる気を持っている。
やる気がないとは,それを満足させる具体的な方法を見つけられないだけなのです。

心理学では当たり前だそうですが,ぜんぜん知りませんでした。そう言われてみれば,そんな気がしてきます。

そんなやる気が出ない状態を避けるにはどうしたらいいでしょうか。
ケリーさんは,やり抜く力を与えてくれる「望み」「欲求」をはっきりさせれば,自発的なモチベーションが生まれてきて,実行力が高まるようです。

ぶっちゃけ
自分にとって何が大事か,自分の「望み」「欲求」をはっきりさせてって,それはそれで難しいんだよね。。。

まとめ

おすすめ度 ★★★☆☆

本書にはこれを考えるヒントにも言及があります。
自分を見つめ直してここを探求していくのが,課題です。

時間管理より,性格の管理。
「あなた自身がどう働き,何がモチベーションとなるか」を知ること。

こう言われると,ぼくみたいなビジネス書オタクには楽になりますね。
ちゃんとしなければっていつもそればっかり考えてると,息が詰まってしまうんですよね。

ケリーさんは,書類の山やゴチャゴチャした机でも,やる気にさせてくれるから,そういう整理整頓に時間を使うのをやめたとも言っています。自分の性格に合うやり方をこれからも探求していきたいですね。

「言葉」と「行動」を一致させる

私たち個人個人の「言っていること」と「やっていること」が一致しなかったら,自分で自分の首を絞めることになるのです。「言っていること」をやっている時,人は強くなれます。

ほんとうにそう思います。「すぐやります」とか,「絶対行きます」とか,軽く言ってしまって行動をそれに合わせられないとき,偉そうに語るくせに自分ではできていないとき,自己嫌悪になったりします。それで自分が弱くなって,さらに周りの信用も失っていく,こんな流れは避けたいところです。

ケリーさんは,自分の価値観をはっきりさせ,それを毎日繰り返し確認するようにすれば,それに沿って行動することができると指摘しています。これは実行に移していきたいと思いました。

「目標を現実にする」モチベーションを育む

やる気にムラがある,やる気があったり,ないときもあるのが当たり前だと思っていました。

人間は常に,強い意欲・やる気を持っている。
やる気がないとは,それを満足させる具体的な方法を見つけられないだけなのです。

心理学では当たり前だそうですが,ぜんぜん知りませんでした。そう言われてみれば,そんな気がしてきます。

そんなやる気が出ない状態を避けるにはどうしたらいいでしょうか。
ケリーさんは,やり抜く力を与えてくれる「望み」「欲求」をはっきりさせれば,自発的なモチベーションが生まれてきて,実行力が高まるようです。

ぶっちゃけ
自分にとって何が大事か,自分の「望み」「欲求」をはっきりさせてって,それはそれで難しいんだよね。。。

まとめ

おすすめ度 ★★★☆☆

本書にはこれを考えるヒントにも言及があります。
自分を見つめ直してここを探求していくのが,課題です。

夜型なら,朝の時間に雑用を済ませたり,運動をするなどリラックスしたりする時間に充てるとよい

人それぞれ得意不得意な時間帯がありますので,無理に朝型にする必要はなく,自分が集中できる時間にやりたいことをやればいいんですね。

時間管理より,性格の管理。
「あなた自身がどう働き,何がモチベーションとなるか」を知ること。

こう言われると,ぼくみたいなビジネス書オタクには楽になりますね。
ちゃんとしなければっていつもそればっかり考えてると,息が詰まってしまうんですよね。

ケリーさんは,書類の山やゴチャゴチャした机でも,やる気にさせてくれるから,そういう整理整頓に時間を使うのをやめたとも言っています。自分の性格に合うやり方をこれからも探求していきたいですね。

「言葉」と「行動」を一致させる

私たち個人個人の「言っていること」と「やっていること」が一致しなかったら,自分で自分の首を絞めることになるのです。「言っていること」をやっている時,人は強くなれます。

ほんとうにそう思います。「すぐやります」とか,「絶対行きます」とか,軽く言ってしまって行動をそれに合わせられないとき,偉そうに語るくせに自分ではできていないとき,自己嫌悪になったりします。それで自分が弱くなって,さらに周りの信用も失っていく,こんな流れは避けたいところです。

ケリーさんは,自分の価値観をはっきりさせ,それを毎日繰り返し確認するようにすれば,それに沿って行動することができると指摘しています。これは実行に移していきたいと思いました。

「目標を現実にする」モチベーションを育む

やる気にムラがある,やる気があったり,ないときもあるのが当たり前だと思っていました。

人間は常に,強い意欲・やる気を持っている。
やる気がないとは,それを満足させる具体的な方法を見つけられないだけなのです。

心理学では当たり前だそうですが,ぜんぜん知りませんでした。そう言われてみれば,そんな気がしてきます。

そんなやる気が出ない状態を避けるにはどうしたらいいでしょうか。
ケリーさんは,やり抜く力を与えてくれる「望み」「欲求」をはっきりさせれば,自発的なモチベーションが生まれてきて,実行力が高まるようです。

ぶっちゃけ
自分にとって何が大事か,自分の「望み」「欲求」をはっきりさせてって,それはそれで難しいんだよね。。。

まとめ

おすすめ度 ★★★☆☆

本書にはこれを考えるヒントにも言及があります。
自分を見つめ直してここを探求していくのが,課題です。

最新情報をチェックしよう!