TAG

徳川慶喜

『命もいらず名もいらず』を読みまして

今年は新天皇の即位にともない、様々な儀式や祝典が執り行われるため、皇居とその周辺がクローズアップされているようです。今回は、tomomixが担当します。 現在、皇居は天皇の居所ですが、およそ150年前は徳川家のお城、江戸城でしたね。皇居には今でもお濠や桜田門、大手門、清水門など江戸城の名残を見ることができます。ここにかつて将軍がいて、大名や旗本、御家人などが行き来していたのだなと思うと、日本史好き […]

『明治維新の正体』

よく行く本屋さんに積み上げられていた鈴木荘一さんの『明治維新の正体』(毎日ワンズ)を読了しました。 子どものころに学んだ薩長からみた明治維新とは,別の視点を示す示唆に富む内容で,一気に読んでしまいました。 徳川慶喜-幕末最高のステーツマン 徳川慶喜といえば,大政奉還をした人物です。鳥羽伏見の戦いで徹底抗戦を鼓舞したあと,すぐに大阪城を脱出して江戸に帰ってしまった行動のせいか,あまり人気がなく,優柔 […]